美味しいスパークリングウォーター!海外の種類も人気!飲みやすいおすすめを紹介!

スパークリングウォーターを好きでいつも飲んでいるけど、さらに美味しいものや飲みやすいものをお探しではないでしょうか。スパークリングウォーターは、たとえ味がついていないものだとしても、様々な違いがあるのです。例えば、硬度に注目する場合もあれば、炭酸強度で選ぶ場合もあります。美味しいだけではなく、飲みやすいかどうかもおすすめの基準です。海外のスパークリングウォーターも様々な種類があり人気があります。スパークリングウォーターは数多くの種類があるので、自分の好みに合ったものを選んで、愛飲できるものを選ぶことが大事です。

人気のスパークリングウォーター!選び方の基礎を解説

笑顔で教える女性

スパークリングウォーターを選ぶときは、どのような種類があるのかを知っておく必要があり、大きくわけて次の3つの種類があります。

・天然炭酸水
最初から炭酸ガスを含んでいる天然水のことを指します。人の手によって炭酸を加えたものではなく、日本が産地のものは少ないため価格帯が高めになる傾向があります。しかし、自然の味そのままで楽しめるもののため、根強い人気があります。

・天然水炭酸水
天然水に人の手によって炭酸ガスを加えたものです。天然水が原料となりますが、炭酸ガス自体は人の手によって加えるものなので、炭酸の強さが調整もされますし、価格も手ごろなものとなります。

・人工炭酸水
ここまでご紹介した2種と異なり、天然水ではない純水などに人工的に炭酸ガスを加えたものです。天然水ではないと聞いただけで敬遠してしまうかもしれませんが、純水は天然水よりもクセが少なく飲みやすいと感じる人が多くなります。

以上のように、スパークリングウォーターにはいろいろな種類があります。これらを踏まえて、爽快感があるものを飲みたいのであれば炭酸強度の強い物を選びましょう。口当たりがかわってくる硬度(硬水・軟水)に注目をして選んでいくことになるのです。

海外でも人気!おすすめのスパークリングウォーターを一覧でご紹介!

エクステンションマーク

ここではおすすめのスパークリングウォーターを一覧でご紹介していきます。それぞれの特徴もご紹介しますので、どのような違いがあるのかを確認してみてください。

・ナベグラヴィ
原産国はジョージアです。重炭酸イオン・ナトリウム・ミネラル総量も非常に多く含まれており、今回ご紹介するスパークリングウォーターのなかでは圧倒的に含有量が多いのが特徴になります。硬水になりますがが、口あたりは、いわれなければ硬水と気がつかない方もいるほどです。美味しく、飲みやすいスパークリングウォーターを探している方に強くおすすめします。

・サンペレグリノ
原産国はイタリアです。1000mlあたりでカルシウムが208mgと比較的多く含まれています。硬水のスパークリングウォーターです。

・ペリエ
原産国はフランスであり、硬水のスパークリングウォーターとなります。奇跡の水といわれることもあるほど、フランスではポピュラーなものです。

・ゲロルシュタイナー
原産国はドイツになります。マグネシウムが1000mlあたりで100mg、カリウムが14mgと今回紹介するスパークリングウォーターのなかでは、一番の含有量です。

以上のようにスパークリングウォーターは、水が原料とはいっても特徴はそれぞれ異なるものになっています。どれが合うかは、人によって異なりますので、自分に合うものを探すときの参考にしてみてください。

飲みやすいスパークリングウォーターを探している方におすすめ

ここまでスパークリングウォーターを選ぶときに、どのような基準があるのかなどを説明してきました。スパークリングウォーターには、様々な種類があるので自分に合ったものをぜひ見つけ出してみてくださいね。

数多くあるスパークリングウォーターのなかでも「ナベグラヴィ」は日本人にはあまり馴染みがない硬水ですが、とても飲みやすく愛飲している人が増えているスパークリングウォーターになります。

ナベグラヴィはこちら

人気の海外産スパークリングウォーターならナベグラヴィ

会社名 株式会社ジョージアプレミアムフーズ
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目3−3 東亜ビル4階
電話番号 03-6257-1072
メールアドレス info@nabeghlavi.co.jp
URL https://nabeghlavi.co.jp/